米タフツ大学フレッチャー・スクールとMastercardが各国や地域におけるテクノロジー導入率と
デジタル・トラストの状況を詳細に示した「デジタル・インテリジェンス・インデックス」レポート

2021年1月18日

本文書は、12月7日にMastercardがシンガポールで発表したプレスリリースの日本語訳となります。

米タフツ大学フレッチャー・スクールは本日、Mastercardとの提携により、デジタル化の進展、信頼の醸成、数十億人の生活へのコネクティビティの統合において、各国の進捗を示す「デジタル・インテリジェンス・インデックス」レポートを発表しました。

2014年と2017年に発行された同インデックスをベースに、世界におけるデジタル開発の全体像を描き、変化と勢いを促進する主な要因を明らかにし、世界的な新型コロナウイルス流行とアフターコロナ将来の課題に直面している経済にとって何を意味するかを明らかにしています。

特にアジア太平洋地域の中でも、シンガポール、香港、韓国、台湾は、経済のデジタル化が最も進んでいます。韓国と台湾は、世界的なロックダウンがあった中、2020年第2四半期の経済協力開発機構(OECD)の成長率を大幅に上回りました。 これらの経済圏は、高いレベルである有能な人材、産学連携の活発な研究開発協力、そしてデジタル製品の創造と主流への取り込みの強力な実績が特徴となっています。

フレッチャー・スクールのグローバルビジネス学部長であるバスカー・チャクラボルティ教授は、以下のように述べています。「新型コロナウイルスの世界的流行は、デジタル化に向けた世界の進展における最も純粋な試金石となるかもしれません。私たちは、ダイナミックなデジタルエコノミーが、世界的に類を見ない混乱の中で、経済の回復力に貢献し、それが回復と変化のためにどのように位置づけることができるかについて、より明確な見解を持っています。」

その他の主な調査結果は以下の通りです。

  • 現在、世界人口の3分の2近くがオンラインに接続しており、ただアクセスができる、というだけでは不十分とみなされる「アフター・アクセス」の段階に入っています。この段階は、アクセスの質、デジタル技術の効果的な利用、説明責任のある機関、強固なデータガバナンスポリシー、信頼の醸成といった側面が、デジタルの競争力と持続可能性を決定するより大きな要因となっています。
  • 新興国の若者は、デジタルへの関心が高いことを示しており、デジタル化を拡大しようとしている各国や地域の政府にとっては明るい兆しとなっています。

Mastercardサイバー&インテリジェンス部門のプレジデントであるアジャイ・バーラは次のように述べています。「デジタル化とデジタル・トラストを推進する要因を理解することが、これほど切実に求められたことはかつてありませんでした。その知識があれば、企業と政府が協力して、世界中の76億人の人々がデジタル先進経済がもたらす膨大な機会から恩恵を受けることができます。 今日、多くのことが不確実なままではありますが、デジタルの成功が私たちの全体的な回復の鍵となることは明らかです。」

デジタルの進化と信頼に関するグローバルな展望
今年のインデックス・レポートは、「デジタル・エボリューション(進化)」と「デジタル・トラスト」の2つの要素に注目しています。デジタル・エボリューションは、物理的な過去からデジタルな現在に至るまでの経済の歴史的な勢いを捉えています。デジタル・トラストは、デジタルの現在からインテリジェントで包括的なデジタルの未来への道のりをつなぐ架け橋となります。

世界のオンライン人口95%をマッピングし、12年分のデータをもとにしたデジタル・エボリューションのスコアカードは、制度環境、需要条件、供給条件、イノベーションと変革のための能力の4つの主要な柱にわたり、90の国と地域における160の指標を測定しています。これらの指標は次の4つのカテゴリーに分類されています。

  • スタンドアウト アジア太平洋地域で突出している経済圏は、シンガポール、香港、韓国、台湾、マレーシアです。これらの国が米国、ドイツ、イスラエルなどと並んでこのカテゴリーに入っている理由は、いずれも高度なデジタル化が進み、勢いがあるからです。これらの国や地域は、効率的かつ効果的な方法で既存の優位性を構築し、イノベーションを推進するリーダー的存在です。
  • ストールアウト アジア太平洋地域でデジタル化が失速している経済圏は、オーストラリア、ニュージーランド、日本でした。これらの国は、デジタルの勢いが減速しているにもかかわらず、デジタルの導入率が高い成熟したデジタル経済国として注目されています。これらの国は、持続可能性のためにスピードを犠牲にする傾向があり、一般的にデジタル・インクルージョンの拡大と強固な制度の構築に投資されています。
  • ブレイクアウト アジア太平洋地域でブレイクアウトしている経済圏は、中国、インド、ベトナム、インドネシア、タイなどがあります。これらの国は急速に発展しており、投資家にとって非常に魅力的な成長の余地があります。
  • ウォッチアウト フィリピンなどの経済圏には、インフラに多くの格差があります。それにもかかわらず、若者たちはソーシャルメディアやモバイル決済の利用が増え、デジタルな未来への熱意を見せています。

デジタル・トラスト・スコアカードは、行動、態度、環境、経験という4つの主要な柱にまたがり、経済圏42の国と地域における198の指標を測定しています。

  • シンガポール、香港、台湾、韓国などの経済圏では、高度なインフラ、幅広いアクセス、他に類を見ない交流という聖域を市民へシームレスに近い形で提供しています。このような体験は、高いレベルのエンゲージメントにも対応しており、これらの経済圏は「アクセスを超えた」将来において明確な優位性を提供しています。
  • 中国、インドネシア、ベトナムなどの経済圏では、急速に拡大するデジタル導入と機会に支えられて、デジタルの将来に対する好意的な見方が高まっています。
  • 全体的に、社会経済的な公平性が高いデジタル先進国では、デジタル技術に対してより積極的な姿勢が見られ、動きの速いブレイクアウトは、ウォッチアウトと比較して楽観的です。

Mastercardアジア太平洋地域サービス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるマシュー・ドライバーは、以下のように述べています。「新型コロナウイルスは、アジア太平洋地域のデジタル化を数ヶ月で少なくとも5年分進め、地域全体のデジタル・エコシステムの発展をさらに加速させました。消費者の信頼とエンゲージメントのレベルが上昇し、中小企業セグメントではデジタル化が進んでいますが、これらはすべて政府の積極的な支援行動に支えられており、アジア太平洋地域のデジタル経済にとっては、今後のチャンスは計り知れないものがあります。アジア太平洋地域がパンデミックからの迅速な回復を目指す中、デジタル・エボリューションとトラストの2つの要素で高いパフォーマンスを達成したことは、デジタル分野におけるアジアのリーダーシップをさらに後押しすることになるでしょう。」

レポートの全文と調査方法については、こちらでご覧いただけます。詳細および共有可能なコンテンツについては、デジタルプレスキットをご覧ください。

=====================================================================================

デジタル・インテリジェンス・インデックスについて
タフツ大学のフレッチャー・スクールがMastercardと提携して調査・執筆したデジタル・インテリジェンス・インデックスは、各国や地域の経済圏におけるデジタル化の進展状況について世界をリードする最先端のレポートを提供しています。

Mastercardについて(NYSE: MA) 
Mastercardは、決済業界のグローバルテクノロジーカンパニーです。私たちの使命は、トランザクションを安全、シンプル、スマート、アクセス可能なものにすることで、あらゆる場所のすべての人に利益をもたらす包括的なデジタル経済を実現し、強化することです。安全なデータとネットワーク、パートナーシップ、情熱を活用し、消費者、金融機関、政府、企業が最大限の可能性を実現するための革新とソリューションを提供します。私たちのDQ(decency quotient:良識指数)は、社風や社内外で行うすべてのことに影響を与えます。世界210を超える国と地域とのつながりを通じて私たちは、すべての人々にとって貴重な可能性を解き放つ持続可能な世界を構築しています。

フレッチャー・スクールについて
タフツ大学のフレッチャー・スクールは、米国でも有数の国際情勢研究大学院であり、研究と教育に対する学際的で横断的なアプローチにより、世界が直面する最も差し迫った課題の解決に取り組んでいます。1933年以来、フレッチャーは、世界のリーダーたちを、戦略的な部門横断的ネットワークを持つ政府、企業、非政府組織において革新的な問題解決者になるように準備してきました。研究、学問、実践を通じて世界の知識を前進させるための継続的な取り組みと厳格なアプローチを通じて、フレッチャーは意義のあるグローバルな解決策のための情報を提供し、架け橋を築き続けています。

フレッチャー・スクールの情報は、Twitter(@FletcherSchool)、Instagram(@thefletcherschool)、Facebook(@fletcherschool)、LinkedIn(The Fletcher School at Tufts University)を利用するか、ウェブサイト (www.fletcher.tufts.edu)にアクセスして最新情報を入手してください。

 

本件に関するお問い合わせ
Mastercard PR 事務局(株式会社イニシャル内) 担当:宮下/石井
TEL:03-5572-7334 FAX:03-5572-6065 MAIL:mastercard@vectorinc.co.jp