株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、MasterCardは、MasterCardが世界50か国以上で展開する[1] 非接触決済サービス「MasterCard® PayPass™」加盟店において、ドコモのケータイクレジット「iD™」が利用可能なスマートフォンをかざして決済が可能となる「iD/PayPass」機能を 2014年2月5日から提供開始する予定です。


本機能提供により、ドコモのNFC(FeliCa®+TypeA/B)を搭載したおサイフケータイ®対応スマートフォンで「iD」をご利用のお客様は、「iDアプリ」に簡単な設定をしていただくだけで、海外の「MasterCard PayPass」加盟店での現地通貨または円による決済が可能となるため、扱い慣れない現地通貨を現金で用意することなく、渡航先において店頭でスマートフォンをかざして支払いが完了します。ご利用に際しては、「DCMX」カードを保有し[2] 、かつ「iD」をご利用いただくことが必要となります。


「iD/PayPass」機能は、MasterCardが展開する非接触ICチップを利用した世界標準の決済手段PayPass技術に基づいて提供されており、「iD/PayPass」機能をご利用のお客様は、従来より「iD」がご利用可能な日本国内約50万台[3] の「iD」読み取り端末(リーダーライター)を設置している加盟店等に加え、新たに世界約120万か所[1] のMasterCard PayPass加盟店でも決済が可能となります。


なお、2013年12月にハワイ・ホノルルで開催される「JALホノルルマラソン2013」にあわせ、「iD/PayPass」機能を先行して体験いただける「iD/PayPassハワイでおトク!キャンペーン」[4] を実施する予定です。


今後、両社は「iD/PayPass」のサービス普及や加盟店拡大など、さらなるお客様の利便性の向上を目指してまいります。
機能提供イメージ及びキャンペーンの概要につきましては別紙をご参照下さい。



「iD/PayPass」機能及びキャンペーン概要

1. 機能提供イメージ

  • NFC(FeliCa+TypeA/B)を搭載したおサイフケータイ対応スマートフォンでドコモのケータイクレジット「iD」を設定すると、簡単な設定だけで、海外の「MasterCard PayPass」加盟店においておサイフケータイ対応スマートフォンをかざして決済ができるようになります。
  • 従来より「iD」がご利用可能な日本全国約50万台のiD読み取り端末(リーダーライター)を設置している加盟店等に加えて、新たに世界50か国以上約120万か所の「MasterCard PayPass」加盟店でも決済いただくことができます。

「iD/PayPass」アプリ設定 画面イメージ

2.ご利用条件

「iD/PayPass」機能をご利用になるにあたっては、以下4点が必要となります。

(1)  ドコモのNFC(FeliCa+TypeA/B)を搭載したおサイフケータイ対応スマートフォン
(2)  TypeA/Bの決済に対応したドコモminiUIMカード(ピンク色)
(3)  「iD/PayPass」機能提供開始にあわせてバージョンアップ予定の「iDアプリ」[1]
(4)  「DCMX」カードを保有[2] の上、「iDアプリ」にカード情報を設定していること



3.「iD/PayPass」アプリ設定 画面イメージ

(画像をクリックいただきますと拡大表示されます)
画像:「iD/PayPass」アプリ設定 画面イメージ
※ 画面イメージは、今後変更になる可能性があります。


4.「iD/PayPassハワイでおトク!キャンペーン」概要

(1)  キャンペーン概要

キャンペーン期間中に、米国ハワイ州のPayPass加盟店でiD/PayPassをご利用いただくと、ご利用金額の15%(上限1万円)を後日ドコモ口座にキャッシュバックいたします。

(2)  実施期間

2013年12月1日(日)~2014年1月13日(月)(現地時間)

キャンペーンの詳細については、別途ドコモ マラソンnavi(http://docomo-honolulu.com/)にてお知らせいたします。

MasterCardについて
MasterCard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界 210 を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.mastercard.co.jpをご覧ください。MasterCardのニュースをフォローするにはTwitterで@mastercardnewsへご登録いただくか、公式ブログCashless Conversations Blog(英語)、Newsroom(英語)をご覧ください。