~新たなマクロ経済分析レポートは、
他の同様のレポートよりも早く、包括的なマクロ経済データを提供~
“2015年12月は日本の小売販売額が前年比0.8%下落”

MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門、MasterCard Advisorsは、日本国内の消費者動向及び小売業績についてのマクロ経済分析を提供するレポート、SpendingPulse™を提供すると発表しました。SpendingPulseは、統合された匿名の販売データを使い、現金を含む全ての決済手法を組み合わせ、消費者動向についてのインサイトと市場の指標、早期の概況を提供し、小売業者、投資家、カード発行会社、銀行、そして政府の意思決定をサポートします。

日本における最初のレポートによると、2015年12月の小売業の販売額が前年比0.8%減少していることがわかります。全体の小売販売額の前年比の伸びに比較し、総合小売、織物・衣服・身の回り品、そして燃料の販売額が鈍化しています。電気製品は小売の総合販売額をしのぐ業績をあげています。12月の販売実績は前年比成長率が2014年から2015年にかけて0.6%減少しています。

SpendingPulseは日本の消費者動向をほぼ完全に総括しています。毎月第3週に定期購読者に送付され、織物・衣服・身の回り品、電気製品、総合小売、燃料について、すぐに役立つインサイトを提供します。月次のレポートは、総合的な小売の販売額と、物価指数を含んでおり、定期購読者は、支出の伸びが、ショッピングの増加によってもたらされたものなのか、或いはインフレやプロモーションによりもたらされたものなのかを把握することが可能になります。

MasterCard Advisors、Market Insights部門のシニア・バイス・プレジデント、サラ・クインラン(Sarah Quinlan)は次のように述べています。
「日本の景気回復は、中国景気の減速などの幅広い経済的要因が影を落とし、小売販売額がわずかに増加する程度で乱高下しています。2015年12月の小売販売額の前年比の落ち込みは、従来の業界予測に反して、日本の景気回復を年の後半に遅らせることになりました。消費動向は世界的な景気後退前に経験した堅牢なペースの成長にはならないものの、2016年には低めから中間レベルの成長回復は可能とみています。

景気回復が冷え込んでいるにもかかわらず、GDPで世界3位の経済大国である日本にとってはその影響はわずかなものです。高度な生活水準を保ち、電気製品部門の安定した販売業績でも明らかなように、日本人は品質の高い先端技術を活用した製品を求めています。

原油価格の低下と所得の上昇は日本の小売販売額の将来の成長を支える原動力になりえます。2017年に予定されている消費税増税は、さらなる駆け込み消費を促すと見込んでおり、2016年の小売販売額についてはより前向きな見通しを期待できると考えています。」

SpendingPulseは既に米国、英国、カナダ、ブラジルでサービスを提供しており、昨年香港でローンチされました。MasterCard Advisorsは他の組織が提供する消費者動向よりも早くレポートを提供します。米国ではマクロ経済動向のレポートとして最も引用されているレポートの1つで、主要な国際的メディアが情報源として頻繁に利用しています。

SpendingPulse™ Japanについて
MasterCardはMasterCard Japanの決済ネットワークで処理された取引を分析し、現金などを含む他の決済手法の傾向を取り入れた統計的なモデルを使い、正確で効率のよいレポートを制作します。
SpendingPulse JapanはMasterCard Japanより認定を受けたあらゆる業界や、その他の追加のデータから得られた安定したデータサンプルに基づいています。

MasterCard SpendingPulse™について
2006年にMasterCard Advisorsによって設立されたMasterCard SpendingPulseは、各国の小売動向と業績についてレポートするマクロ経済の指針です。レポートは現金を含むその他の決済手法についての予測と組み合わせ、MasterCardのクレジットカードから得られた購買データを統合した消費行動に基づいています。SpendingPulseによるレポート、また内容、また消費動向についての予測は、MasterCardの実際のオペレーション、或いは業績、または特定のカード発行会社のクレジットカードのデータを含んでいたり、反映したり、関連するものではありません。

MasterCard Advisorsについて
MasterCardの事業部門であるMasterCard Advisorsは、ビジネスのインパクトとROIを推進するインサイトとソリューションを世界中の顧客に提供します。MasterCard Advisorsは先進的なテクノロジーと決済業界における深い専門知識を使いデータをすぐに役立てられるインサイトとカスタマイズされたサービスに変換します。世界中の210ヶ国で毎年処理される匿名の430億件以上の取引データを活用し、金融機関、加盟店、メディア、政府、またあらゆる規模のその他の組織のビジネスの成長を支援するため、統合された情報とコンサルティングのアプローチを活用します。

MasterCardについて
MasterCard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を越える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.mastercard.co.jpをご覧ください。MasterCardのニュースはTwitterで@MasterCardAP(英語)または@MasterCardNews(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MasterCardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でEメールアラートにご登録いただくと、最新ニュースをメールにてお知らせいたします。