Yum! Brands、ピザハットで注文や支払などのサービスを提供するために
MasterPassベースの新しいコマースアプリケーションの試験運用を開始

MasterCard(本社ニューヨーク州パーチェスおよびフランス、パリ発、以下MasterCard)は、現地時間5月24日、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」(以下Pepper)内で動作する初のコマースアプリケーションを公開しました。本アプリケーションは、消費者とカード加盟店をつなぐMasterCardのグローバル決済サービス、MasterPassをベースにしており、あらゆる流通チャネルとデバイスにおいて、迅速かつシンプルで安全なデジタル決済を可能にします。MasterCardとソフトバンクロボティクスは、Yum! Brandsと協力して、年内にアジア太平洋地域のピザハットの一部店舗にて本アプリケーションの試験運用を開始します。

カード加盟店と消費者に対話形式のコマース体験を提供する最初の大きな一歩となる本アプリケーションは、Pepperの能力を拡張し、顧客サービス、情報へのアクセス、販売をシームレスに統合し、一貫したユーザー体験を提供します。注文とチェックアウトをPepperに任せることで、ピザハットでは店員が店内の消費者により一層注意を払えるようになり、顧客サービスを向上させ、顧客満足度の改善を図ります。また、Pepperの注文受付および決済管理能力が、売上の約80%を占める配達および持ち帰りサービスの待ち時間の短縮を可能にします。

MasterCard アジア太平洋地域 デジタルペイメント&ラボ イノベーションマネージメント部門バイス・プレジデントのトビアス・プース(Tobias Puehse)は次のように述べています。「消費者は、パーソナライズされたサービス、カスタマイズされた商品、また店内とオンラインの両方でシンプルかつシームレスな手続きを求めるようになっています。本アプリケーションは、PepperのインテリジェンスとMasterPassの安全なデジタル決済体験を組み合わせることで、今日のセルフサービス端末や無人店舗にはない、記憶に残るパーソナライズされたショッピング体験を提供することを目的にしています。」

まず消費者は、Pepperに挨拶し、自分のウォレット内のPepperアイコンを押すか、Pepperが持つタブレット上のQRコードを読み込むことで、MasterPassアカウントを同期させることができます。同期した後は、Pepperがパーソナライズされたオススメ情報や特典サービス、商品の詳細情報を提供し、チェックアウトやアイテムの支払いをサポートしてくれます。Pepperは、Wi-Fiを通じてMasterPassに接続し、取引の開始、承認、完了することができ、一連の取引はウォレット内で行われます。

ピザハット・レストラン・アジアのマネージング・ディレクターのヴィプル・チャウラ(Vipul Chawla)氏は、次のように述べています。「ピザハットファミリーにPepperが加わることを歓迎します。私たちはデジタル化の一環として、顧客が当社とエンゲージし、つながり、取引するという流れをなるべく簡単な方法で提供できないかと模索していました。Pepperが注文および決済機能をサポートできるようになり、お客様のニーズに合った注文と持ち帰りの待ち時間の削減、ストレスのないユーザー体験をお客様に提供できるようになります。」

本アプリケーションは、世界中にあるMasterCardの8つの研究開発センター(MasterCard Labs)の一つであるシンガポールのチームにより開発されました。Pepperアプリケーションは、フィットネス・ブランドから、冷蔵庫、そして今回のロボットに至る、消費者のあらゆるガジェット、アクセサリー、ウェラブル・デバイスに決済機能を組み込むMasterCardプログラムに新しく追加されることになります。Pepperと決済機能の統合は、パーソナライズされたショッピング、コンシェルジュ・サービス、インアイル・チェックアウト、店舗で購入し家まで配達してもらうサービスなど、小売業界に新しい市場機会をもたらす潜在性を秘めています。また、ホテルや銀行、空港、それ以外の顧客サービス業界など、その他の消費者向けサービスを提供している場所でも同じ機能を利用することができます。

本アプリケーションは、2016年5月24日から26日までフランスのパリで開催される、ソフトバンクロボティクス・ヨーロッパ(ソフトバンクロボティクス・ホールディングスのグループ・カンパニー)主催の「Pepper Partners Europe」イベントで展示される予定です。

MasterCardについて
MasterCard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.mastercard.co.jpをご覧ください。MasterCardのニュースはTwitterで@MasterCardAP(英語)または@MasterCardNews(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MasterCardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でEメールアラートにご登録いただくと、最新ニュースをメールにてお知らせいたします。

ピザハットについて
Yum! Brands, Inc.(NYSE: YUM)の子会社であるピザハットは、世界中のあらゆるレストランの中で、最も多くのピザ、パスタ、チキンウイングを販売しています。2人の兄弟が58年前にカンザス州ウィチタで母親から600ドルを借りてピザ屋を開いたのが、ピザハットの始まりでした。
小さなピザ屋として開業して以来、現在は世界100カ国以上で16,000以上の店舗を構える、世界最大のピザ企業に成長し、パンピザのような伝統的なピザや、革新的なピザを提供しています。また、ピザハットは米国全土に及ぶ630,000以上の教室で使用されている、長年にわたり親しまれてきた子供向け読み書きプログラム、BOOK IT!® Programの事業主でもあります。ピザハットについての詳細情報は、www.pizzahut.com をご覧ください。また、同社のFacebook ページTwitter 、およびInstagram もご参照ください。