~iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で店舗、アプリケーション、
ウェブサイト上での、簡単、クイックかつ安全な決済を提供~

Mastercard (本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下Mastercard)は、10月から国内でサービス開始するApple Payに対応いたします。Apple Payはお客さまが常に持ち歩いているiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2でいつでもより簡単に、クイックに、そして安心、安全に店舗やアプリケーション、ウェブサイトでのお買い物の際にご利用いただけます。Apple Payは安全性と個人情報の保護について高いレベルの配慮がなされています。

Mastercard はApple と決済カード発行会社と連携し、Apple Payを日本のMastercardカード会員の方々に提供いたします。

Apple Payに対応しているカード発行会社から発行された決済カードをお持ちの消費者は、日本全国の店舗、またアプリケーション内もしくウェブサイト上のお気に入りのオンラインショップで、Apple Payをご利用いただけるようになります。今回のMastercardによるApple Payへの対応により、非接触決済の使用で長い歴史を持つ日本の消費者の方々に、Apple端末での新しい決済方法を楽しんでいただくことができるようになります。

アプリケーションやオンラインショッピングの支払いでは、Touch IDを使ってホームボタンに指を触れるだけで簡単にお支払が完了します。配送先や連絡先、クレジットカード番号などをお買い物の都度入力する必要がないため、外出先でもアプリケーションやSafari上でのお買い物を簡単に済ませることができます。アプリケーション、オンラインショッピングでのApple Payのご利用は iPhone 6以降のiPhone、またはiPad Air 2、iPad mini 3、iPad mini 4とiPad Proが対応しています。 また、Mac上のSafariでのお支払いにもApple Payをご利用いただけます。その際は、iPhone 6以降のiPhoneとApple Watchで支払いを確定していただきます。

Mastercard日本地区社長ナンダン・マーは次のように述べています。「Mastercardは今回のApple Pay対応により、消費者が商品やサービスの決済をオンラインから行う際、また店舗内での決済において、新しく革新的な電子決済手法を消費者の方々に提供できることをとても嬉しく思っています。最も高いセキュリティ技術に基づき、安全便利で、素早い決済手法をすべての消費者に提供することを目指すMastercardにとって、この革新的な取り組みはまさにその公約のひとつです。Apple Payの中に構築されたモバイルセキュリティにより、安全でシームレスな買い物体験がオンラインでも店舗内でも可能となり、消費者は利便性と安心を同時に得ることができます。」

Apple PayをiPhone等の端末に設定した場合も、お客様がお持ちのカード番号はお客様のデバイスやAppleのサーバーに保管されることはありません。お客様の端末には、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアエレメントに保管されます。 Apple Payをご利用いただく際、お客様がお持ちのクレジットカード番号が、加盟店に通知されることはありません。

Apple Payの詳細はhttp://www.apple.com/jp/apple-pay/をご確認ください。

Mastercardについて
Mastercard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.Mastercard.co.jpをご覧ください。MastercardのニュースはTwitterで@MastercardAP(英語)または@MastercardNews(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MastercardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でEメールアラートにご登録いただくと、最新ニュースをメールにてお知らせいたします。