MastercardがTennis Australiaとのパートナーシップを発表

Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下Mastercard)とTennis Australiaは、新しいパートナーシップ契約を締結し、Mastercardが2017年から2019年まで、全豪オープンテニスのオフィシャル決済パートナーおよびMastercardホップマンカップの命名権パートナーになることを発表しました。

今回のパートナーシップの一環として、Mastercardは東京、上海、シンガポールでのローンチ活動を含む、全豪オープンテニスの様々なイベントに参加するほか、オーストラリアのシドニー、ホーバート、アデレードで開催されるエミレーツ・オーストラリアン・オープン・トーナメントのオフィシャル・パートナーとなります。

Tennis Australiaのコマーシャル・ディレクタのリチャード・ヒーゼルグレーブ(Richard Heaselgrave)氏は、Mastercardを全豪オープンテニスのオフィシャル・パートナーとして迎えることを歓迎し、次のように述べています。「Mastercardを全豪オープンテニスのオフィシャル決済パートナー、および幾つかのトーナメントのパートナー、ならびにMastercardホップマンカップの命名権パートナーとして迎え、協力できることを大変嬉しく思っています。イノベーションに注力する一流の国際ブランドであるMastercardとの提携は、Tennis Australiaの価値、特にグローバルなプロモーションとツーリズムに向けた取り組みと完全に一致します。Mastercardという世界有数のブランドとの緊密なパートナーシップは、我々の成長戦略においても極めて重要な要素であり、オーストラリアを含む世界中のテニスファンにとって大きな恩恵をもたらすでしょう。」

Mastercardのアジア太平洋地域マーケティング担当シニア・バイスプレジデントのサム・アハメド(Sam Ahmed)は次のように述べています。「スポーツの素晴らしさは、ハラハラさせるようなフィニッシュやウイニングトライ、番狂わせの勝利、またテニスにおいては2セット取られてからの逆転、デュースによるマッチポイント争いなど、それぞれのプライスレスな瞬間に凝縮しています。スポーツには、人々を結びつけ、真にプライスレスな瞬間を人生にもたらす力があります。Tennis Australiaとの提携は、Mastercardのカードを保持することが、テニス観戦の体験をよりプライスレスなものにし、当社の広範な製品群を紹介する大きな機会となります。今後、Tennis Australiaと協力することで、どのようなプライスレスな瞬間が生まれ、一緒に讃え合うことができるのか、大変楽しみにしています。」

Mastercardのスポーツ・スポンサーシップの取り組みについて
Mastercardはこれまでに、国際テニス・トーナメントを長年にわたりサポートしており、現在は全仏オープンとマイアミ・オープンのスポンサーを務めています。

今回のTennis Australiaとのパートナーシップは、欧州サッカー連盟(UEFA)やコパ・アメリカ・センテナリオを含む、多くのメジャーなスポーツ・イベントを後援してきたMastercardによる、スポーツおよびエンターテイメント向けパートナーシップ・ポートフォリオに新しく加わります。

その他にも、Mastercardブランドがスポンサーとなっている国際的なメジャー・イベントには、PGAツアー、全英オープンゴルフ、ラグビーワールドカップ2015、メジャーリーグベースボール、グラミー賞、カンヌ国際映画祭があります。

アハメドは、Mastercardのスポーツおよびエンターテイメントのスポンサーシップ戦略は常に進化し、ビジネスのニーズに応じて変化しているとし、次のように述べています。「スポーツおよびエンターテイメント向けパートナーシップを構築することは、もはやブランド体験にとどまるものではありません。Mastercardのスポンサーシップ戦略では、個人消費を促すために、ブランドと製品のシームレスな統合を目指しています。好ましいブランドや製品体験とは何かということに関して、カード会員のニーズや期待は常に変化しており、我々もスポンサーシップを通じてそういったお客様のニーズや期待に応えることができるよう進化していく必要があります。今回のTennis Australiaとのパートナーシップにより、Mastercardカードを保有することで大きな恩恵が得られることを分かりやすく多くの消費者に伝えていくことができます。オンラインでのチケット購入や旅行予約に始まり、テニス会場への交通手段を利用した際の支払い、飲食物やグッズの購入に至るまで、Mastercardのカードを使用することで様々な手続きや決済が素早く、簡単に、安全にできることをカード会員の皆様に示すことができるのです。」

旅行者とつながることができるプライスレスな機会
今回のTennis Australiaとのパートナーシップにより、MastercardはMastercardカード会員、特に頻繁に旅行するカード会員と更に深くつながり、エンゲージできる新しい重要なプラットフォームを得ることになります。

2016年全豪オープンでは、72万363人という歴代最高の観客動員数を記録し、そのうちの13%は海外からの旅行者でした。これは本トーナメントがオーストラリアの夏季の観光業に大きく貢献したことを意味します。

今年1月にオーストラリアを最も訪問したのはニュージーランド、英国、米国の旅行者でしたが、アジアからの旅行者も25%増え、全豪オープンに観戦に来た外国旅行者の中で最も多くを占めたのは日本と中国の旅行者でした。

Mastercardについて
Mastercard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.Mastercard.co.jpをご覧ください。MastercardのニュースはTwitterで@MastercardAP(英語)または@MastercardNews(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MastercardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でEメールアラートにご登録いただくと、最新ニュースをメールにてお知らせいたします。